ホワイトニングの方法 | 歯のホワイトニングの方法とその注意点とは

歯のホワイトニングの方法とその注意点とは

ホワイトニングの方法

白い歯になりたくて、これから初めてホワイトニングをしてみようとする人は事前にその方法やホワイトニング対する知識を持っておきましょう。
歯に対するホワイトニングとは、自身の歯を削り取ること無く歯の表面の着色汚れなどを漂白し、歯の色を白くしていく方法のことです。
このホワイトニング方法が一般的なものになる以前は、歯の色を白くするために歯自体の表面を直接削り、その上にセラミックの歯をかぶせていたのですが、最近からはこのような歯を削るといったことは無くなり、より安全に痛みがなく歯を白くすることが出来るようになったのです。
歯は、治療の直後が最も白くなり、その後徐々に戻って行くのですが、完全に元の歯のような状態になるまでに数年間ほどホワイトニングの効果が持続している場合も多くあります。
ホワイトニングを行う前に出来ればやっておかなければならないものが、虫歯の治療です。
歯に大きな虫歯があると、治療の際に専用の薬剤が虫歯の中に入り込み、痛みが発生する場合があります。なのでホワイトニング治療は虫歯の直後が終わってからのほうがより安全に施術を受けることが出来ると言えます。
また、歯石の除去も行う必要もあります。歯磨きを行なっている際、歯茎などから血が出てきたりする場合は歯の周辺に歯石が付着している可能性が高いと言えます。
この歯石が付着している状態だと、治療の際に痛みが出てくる可能性があります。
歯の表面の汚れも予め落としておく必要があります。治療を受ける1週間ほど前から念入りに歯磨きを行い、歯の表面の着色汚れを落としておくとより効果的に、ホワイトニング治療の薬剤が歯に浸透しやすくなるのです「。

治療を受ける際にオフィスホワイトニングとホームホワイトニングとのどちらかを選ぶ必要があります。
ホームホワイトニングは適応範囲が広く、とても安定した効果が期待できます。治療前の歯の状態に左右されにくく、改善が見られなかったとしてもホームホワイトニングに切り替えることで、その効果を得ることもあります。
しかし、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも長期的な時間がかかってしまいます。オフィスホワイトニングは、治療前の歯がそこまで汚れていなく、色や質が普通の状態であれば、充分にその効果を得ることが出来ます。
オフィスホワイトニングは効果の出やすい歯の質の人であれば、より短時間で驚くほどの効果を実感することが出来る場合があります。
歯のホワイトニングはこの二つの方法が主なものとなっています。この両方の治療を使い分けることもできます。
どちらか自身に取って相性の良いホワイトニング方法を第一に選ぶようにすると良いです。