着色汚れ | 歯のホワイトニングの方法とその注意点とは

歯のホワイトニングの方法とその注意点とは

着色汚れ

歯の着色汚れは自分では簡単に落とすことはできません。
最近は歯の着色汚れを気にする人が増えてきています。
年齢を問わず、白い歯は人気があります。
しかし、30代ごろを堺に健康的な白い歯を維持するのは大変なものになってきます。
毎日歯に気を使い、念入りに歯磨きはしているのにも関わらず、歯が黒ずんでいたり、着色汚れがかなり目立っている人が多く存在します。自分ではいくら頑張っても落とすい事のできない着色汚れは非常に厄介です。
被せ物ではない自分歯でも、歯の根元部分や隙間などに濃く着色汚れが付着し、変色している場合があります。この場合、以前に虫歯治療によって樹脂を歯に詰めた部分が変色を起こしている可能性があるのです。
樹脂の詰め物事態は多少着色汚れがあってもその内部には虫歯菌は存在しないので機能的には問題は無いです。
しかし長い年月が過ぎると、表面が劣化してでこぼことした状態になり、樹脂自体が黄色くなってしまったりするのです。
詰め替えれば綺麗にすることが可能ですが、この場合虫歯などの病気ではないため、詰め替えることができないのです。

タバコのヤニや着色汚れは歯の表面の凸凹に付着しているだけなので、理屈的には研磨剤入の歯磨き粉を使用して念入りにはみがきを行なう事で、その着色汚れを落とすことが可能となっています。
しかし歯の表側を綺麗に磨けたとしても、歯石の表面が汚れていたり、歯の間と言った隙間や裏側は歯ブラシなどでは充分に洗浄することができません。完全に汚れを落としきることが難しくなっているのです。
そのため病院などでは歯を磨くための専用の器具に研磨剤を塗り、歯ブラシでは届かない部分のクリーニングをしたり、塩分などを吹付けたりする専用器具を利用するのです。
この専用器具を使用したクリーニングは非常に効率的なものとなっています。
是非一度、利用してみましょう。
また、このような着色汚れにはホワイトニング治療もオススメです。
ホワイトニングは様々な歯に対して白さを提供できます。ホワイトニングを行なうことで白い歯を手に入れましょう。
ホワイトニングを受けるには歯科医のサポートが必要です。
歯科ではホワイトニング治療を行う前に歯科医に歯の状態を確認してもらい、自分に合ったホワイトニング治療を行いましょう。